終演しちゃいました(恋をしちゃいましたのメロディーで)

ロ字ック「タイトル、拒絶」
17日(日)を持って終演しました。
見に来てくださった皆さん、ありがとうございました。

なんてねー普通にお礼言って。
普通の生活に戻って。
私は超普通に生きていまーす!こんばんは、凡人です!

「タイトル、拒絶」
本当に素敵な作品でした。素敵な座組でした。
基本的に舞台が終わると、スーパー感傷モードに入って、
勝手に夜な夜な思い出に思いをはせて枕びしょびしょにするのが私ですが
今回はそれが起きていない。
なんでだろう・・・
もしかしたらもしかして、わたしは演劇に慣れたのかなあとか
大人になっちゃったのかなあとか。
いろいろ思って悲しくなっています。
結局悲しくなってます。イェ―イ!成長ゼロー!

初めて女の人の書いた脚本に出て、
私は本当にいろいろなことを許された気がしていて。
だから、一人でも多くの人にこの作品を見て許されてほしかった。
とか言ったけど、わたしは別に何も考えてません(急な方向転換)
共演者の皆さんやスタッフさん方への愛を綴ろうかと思ったけど、
馬鹿なわたしが言葉にしたら軽薄になる気がするのでやめます。
作品への気持ちとかも、今の私がここに書いてもなんだかしょうがない気がするから
6年後くらいの自分に向けてこっそり良いノートに書くだけにします(無駄な報告)

3年ぶりくらいに客演して、3年前と同じようにわたしは一番年下でした。
そのうち自分よりも若い人と演劇をやるんだなぁ。
もしわたしみたいなのが座組にいたら、完全に殺すわ。
うそ。殺したら捕まっちゃうし、やっぱかわいそうだから
なんかさりげなくいやがらせする。
お箸の先に納豆つけるとか、飲み物の蓋をすごい固く締めとくとか。
でも驚きなのが、わたしは何の嫌がらせもされていないのよね。
(読んでるお前、今気づいてないだけって言ったろ?)
すごいですよね。みんな性格良いなあ。良い人たちばかりだなあ。
世の中ほとんどの人が良い人だと思う。
だから、わたしくらい嫌な奴でいてもいいよね?
嫌な奴だっていうアイデンティティを保守していいよね?
友達で…いて?


わたしが演劇に夢中になっていても、
普通に毎日裁判とかあるんだよなぁ。
先月傍聴に行ったのだけど、おもしろかった。
でも、ただの他人の不幸というか、他人の一大事ですよね。
それが面白かったって、なんか、ね。(強引なまとめ)
世知辛い世の中なので、わたしは今年、癒し系クズ路線で行こうと思います。

坊主にしたら売れますか?

1 コメント:

  1. 『僕だけできないタイムスリップ』監督の本間名音です。こんにちは!
    先日は貴重な観劇の機会を与えてくださったうえ、お疲れのところ唐突な話を聞いてくださり、大変ありがとうございました。


    その後、出演依頼の件お考え頂けましたでしょうか。。。?
    みじかさんのどこか混沌とした不思議な美しさと、ややギャップのある厚みのある声は作品の重要な芯になりうる気がしました。
    スケジュールのほうはそのつど調整できるので、どうぞご検討よろしくお願いします☆
    それでは、御連絡お待ちしていますm(_ _)m

    返信削除

Powered by Blogger.