梅雨入りしたからかくれんぼできない

関東梅雨入りしましたね。
いつものように深夜に公園を徘徊したいのに、梅雨。
くっそう。

毎度懲りずに悲しみとか怒りが先行している。
どうしたらいいのかはわかっているようだけど
どうしようもないのでどうもしない。
時間は偉大だからたぶんいつものように適当になんとかしてくれる。
世界中の何もかもが自分にとって都合よく存在すれば良いのにって思うことが
誰しも一度はあると思うんです。
ないって言う人はかっこつけてると思うんです。
「そんな世の中面白くないじゃん〜(モテたい)」みたいな。
だって、面白いことばかりじゃないし、
いつもいつもそんな価値観に切り替えられない。少なくとも私は。

一瞬でも良いから、何もかも都合よく、
私に都合良く生きろよって、思う。そういう瞬間がある。
それが叶ったことはもちろんない。それは別に良い。
だけど存在するということは、わたし自身に意識があることで
初めて存在しているんだって哲学が言っていた。
私に意識があることで初めて万物が存在するんだと。
だとしたら、それぞれが意識下で作っている世界は
自分にとって都合の良い完璧な世界なはずじゃあないんですか?
いや、そうじゃないことはわかるんだけど。

それぞれの意識が世界を作っているとして、
でも私の意識下には別の意識を持った人間とかいるし
これは一体どういうことなんだろう。
別々の個体が別々の世界を作っているはずなのに、どうやって混ざっているの?
頭が悪いのに嘘ばかりついて生活している。
自分の意識もよくわからないのに、他人の意識を考えて芝居している。
図々しいなあと思うけど、図々しくて楽しい。
他人の意識に影響を与えたいなんて、あまりにも図々しい。
だから、何か感じてほしいなんて言わないから
ただただなんとなく他人の意識を覗きにきてください。
キャンベラに哭く。
幸せと不幸へのコンプレックスが詰まっています。

桃尻犬本公演 キャンベラに哭く

鳥に憑かれた女子高生と、

昔好かれていた女を殺した
教師と、殺された女の妹と

それらの家族。
また、同級生。

ジャージに射精
する兄と、
ブルマを集める用務員の、

青性春倒錯群像劇!!!



日時:2013年6月5日(水)〜9日(日)
会場:王子小劇場

作・演出:野田慈伸

出演:糸山和則(アマヤドリ)、菊川朝子(Hula-Hooper)、津和野諒、
堂本佳世、長井短(劇団半開き)、成瀬正太郎、
野沢ハモン、日高ボブ美(□字ック)、
森崎健吾、力徳朋、渡邉晋、野田慈伸

公演日程
タイムテーブル
6月5日(水) 19:30〜 完売御礼!
  6日(木) 14:00〜/19:30〜 
  7日(金) 14:00〜/19:30〜
  8日(土) 14:00〜/19:30〜
  9日(日) 14:00〜
チケット
一般 前売 2,500円 当日 3,000円
学生 予約 2,000円 当日 2,500円
高校生以下 予約・当日共 1,000円
※5日19:30の回 初日割引 前売1,000円、当日2,000円
リピーター割引 一般・学生 1,500円 
・日時指定、全席自由、当日清算。
・学生、高校生以下は要学生証提示。

ご予約はこちら!
http://ticket.corich.jp/apply/44685/005/

なんか元気がない文だけど、
元気に楽しくそれなりな生活をしているよ!

0 コメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.