このマンガがえろい!

皆さんご存知、宝島社による「このマンガがすごい!」ってあるじゃん?
わたしはあれが大好きで、何が好きってまずこの賞のタイトルが好きです。
「このマンガがすごい!1位!」って言われたら、
「あ〜凄く面白いんだね〜」って誰にでもわかるし、
しかもなんか、同級生が進めてくれた〜みたいな。
「長井このマンガ知ってる?すげーよ?」ってクラスの男子に渡された〜みたいな。
「ほんとだ面白い!」「だろ?続きも読むか?」「読む!」
「じゃあ今日一緒に帰ろうぜ」「・・・うん(ゴクッ)」」みたいな。
そういう、学生時代のロマンまで取り込んだヤバい企画だと思うのですが、

でもね!悔しいこともある!
昨年、2015年の1位を皆さんご存知すか?

オトコ編1位は「聲の形」
オンナ編1位は「ちーちゃんはちょっと足りない」っていうマンガだったんだけど、
わたし!両方とも!超好きで!大好きだったんです!何度も泣いています!
もちろんそんな人沢山いると思うし、「売れちゃうよ〜><」とかは無いんですけど、
何が悔しいって、私は私の好きな人に私の口から私の好きなマンガを告げたかった。
今からでもそれは出来るのだけど、やっぱり「このマンガがすごい!」の力すごいから、
「あ〜このマンガがすごいのやつね!」「これ知ってる〜このマンガすごいんでしょ?」
ってなるじゃん!そうだよその通りだよ!このマンガすげーんだよ!
でもそうじゃなくて、このマンガがすごくなかったとしても、
私はあなたにこのマンガを渡すんだよってところが、ちょっと薄まってしまう気がして
ちょっと悔しいのでした。

(長い前置きはここまで)
悔しいなら先に言おうぜ!!!ってことで、今日は私がマンガを紹介します!
第一回、「このマンガがえろい!」
というわけで、「このマンガえろいわ〜」ってマンガを紹介するよ!
男女編、堂々の第1位は・・・・こちら!


現在「ジャンプスクエア」で連載中の、「ワンダーラビットガール」です!!
おめでとうございます!!!!
どうですか、もう既にえろいですね。
ジャンプスクエアは、神矢吹健太朗先生による「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」も
絶賛連載中の月刊雑誌で、わたしは毎月楽しみに読んでいるのですが
なんといっても「ワンダーラビットガール」はえろい。
「ワンダーラビットガールって、なぁに〜?」と思ってる清純派どものために説明。

主人公の七海澪くんは、コミュ症で女の子とまともに喋ったことの無い童貞。
彼には1つ歳上の超エリート高校に通う兄、七海蓮くんがいる。
そんな兄が突然入院。しかもなんか病んでるっぽいし、何があったの?蓮くん!!
お兄ちゃんに何があったのかを解明しようと、弟澪くんはお兄ちゃんのふりをして
超エリート高校に潜り込む。キーワードは「ワンダーラビットガール」
(真面目にあらすじを書こうとするのはここまで)

澪くんは、お兄ちゃんの持っていた学校の女子リストみたいなのを見ながら、
女の子達に「ワ、ワンダーラビットガールって知ってる?」って聞いていくんだけど
澪くんと女の子が喋ってると、まぁ、もうみんな想像ついてると思うけど
女の子はだんだんドキドキしてきちゃって、ほんと普通に喋ってただけなのに
もう、行為の真っただ中みたいになっていきます!太っ腹〜〜!
なんでかな・・・あ!あのリスト!!
そうなんです・・あのお兄ちゃんの持ってるリストには・・・
女の子達の性癖が載ってまーす!!太っ腹〜〜〜!
そんなわけで童貞の澪くんは(不思議と)女の子達のフェチズムを刺激しながら
「ワンダーラビットガール」の真相について迫っていくわけです。

真相に迫ろうとはしてるんだけど、もう正直
「世の中にはいろんな性癖の女の子がいるよ〜」っていうマンガに見えちゃうというか
「女子高生の性癖図鑑」みたいに見えてきちゃうんだよ、えろいから。
あと、世の男子も思ってる気がするけど、
もうワンダーラビットガールが何かとかはどうでもいいんです・・
なんなら、ずっとわからないままでいてください・・・
ずっと、毎月、いろんなタイプの女の子が
「あ、これがバレたら・・もう生きていけない・・・ッッッ」って葛藤しててください。
澪くんは毎月「今度こそ・・・脱童貞!!」って言っててください。

い、いかがでしたか・・第一回「このマンガがえろい!」
ぜひ読んでもらって、「えろいわ〜」って感想を私に聞かせてほしいものです。
いや、まじえろいから!女子高生の性癖すごいから男子も女子も読んでくださいね。

・・・・ふぅ




4 コメント:

  1. マンガの作品紹介がめっちゃ面白かったです笑笑(*^^*)またしてください!

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      またやってみるのでよろしくお願いします。

      削除
  2. 今度、読んでみます。

    返信削除

Powered by Blogger.