夢も希望もあった

今日は10代の日記みたいになってしまう可能性が高いので
10代の日記が嫌いな人やトラウマがある人(ある)はニコニコ動画見ててください。

「モデルが演劇をやってみてる」と思われがちなわたしですが、
実際は完全に逆で「売れない小劇場の役者がモデルをやってみてる」が正解です。
もちろん今はどちらも平等に大好きなんだけど、好きでいる時間の歴史というか
そもそもわたしの人生に色濃く影響してしまったのは演劇の方だったので
「モデルがなんとな〜く演劇やってんな」と思われやしないか痙攣の4年間でした。
だめだ。もう既に恥ずかしくてパソコンを爆破しそう!痒い!!!
もう我慢できないから今日伝えたいことを載せちゃうね!
9月に出させてもらう演劇の話!


月刊「根本宗子」第13号 『夢と希望の先』

[脚本・演出] 根本宗子


[出演] 橋本愛 玉置玲央 プールイ 鬼頭真也 


     小野川晶 大竹沙絵子 長井短 墨井鯨子


         鈴木智久   尾崎桃子 根本宗子 

2016年9月28日(水)~10月2日(日)



下北沢・本多劇場


これ!この作品に出ます!!
すごく嬉しいはずなんだけど、全てのことが他人事みたいな性格があるので
「あ〜これはわたし嬉しいだろうな」みたいなぼやけた喜びしか見えてこなくて
だめだよ!こんなんじゃあ、中学生の時のわたしが可哀想だよ!と思って
今必死にブログを書いています…中学生のわたしの為に…自慰みたいなもんです……

中学生のときに見た、大人計画の「キレイ」とか「マシーン日記」とか「ふくすけ」とか
本当に本当に面白くて、「演劇、やる^^」って馬鹿な子供になっちゃったんだけど
そこから演劇見に行けば良かったのに高校時代一度も行きませんでした馬鹿な子供ッ!
確か一回だけ、放課後下北沢に一人で行って

「ここがあの下北沢・・言い換えるならローグタウンやな・・・」

とは思ったんだけど
まじで怖くて。街が。駅前のマックからミスドまでを5往復しただけで帰った。
結局高校卒業まで見ないままっていう本当に馬鹿な子供だったんですが、
卒業式の直後に初めて下北沢で演劇を見ました。
それはもちろん大人計画のお芝居で、もちろん本多劇場!これが初めての本多劇場!
すごく面白くて、全然ニコニコ動画で見るより面白いし(中学時代はニコ動で見てたゴミ)
楽しい!楽しい楽しい!!!
あの時わたしは18歳で、同級生はほぼみんな進学が決まっていて
わたしは進学しないことを決めていて、だからその同級生達との
一時的に道を分つ感じ?「ごめんわたし東武東上線だから・・」みたいな。
4、5年もすれば結局ほとんどの人が学生じゃなくなるから、また同じにはなるけど
ここで一旦バラします。合流は4年後です。って時で
あ、これはちょっとゲーム性変わってくるなっていうのは馬鹿な子供でも思うし
急に他のプレイヤーと違うコントローラーになるのってやっぱ怖くて淋しい。
みんなwiiでゲームキューブのコントローラー使ってたのに突然wiiリモコンには
変えたくない!使いにくいわ!センサー!センサーから反応なし!
この例え楽しい!あと10個書きたい!書かない!!
そんなわけでとても怖かったけど、


「4年後に!!!シャボンディ諸島で!!!」

ってことになってんのに怖がっていたらシャボンディ諸島行けないしな〜
やっぱシャボンディ諸島は行っときたいよな〜と思って決めたのでした。
同級生が就活という七武海を倒して来るなら、わしもそれなりの手土産必要やな、
・・・・本多劇場やッ!!!

残念ながら4年という年月は守れなくて、
同級生達はこの4月にもうシャボンディ諸島に着いちゃってるし
たぶんもう戦桃丸も倒して海に出ちゃってると思うんだけど
でもさ!一浪した同級生達もいるし!!
しかもこれ、海外で考えたら年度始め9月でしょ?
だから、18歳のわたしがわたしに課した「22歳までに本多劇場」は
ギリギリ達成できなくてギリギリ達成できたってことで良いでしょうか?
どっち付かずで中途半端ではあるけど、そもそもわたしの名前が
どっち付かずの中途半端だし(←うまい)

結局馬鹿丸出しのふざけたブログになってしまいましたが、
中学生のときから憧れていた劇場でお芝居をします。
つまり夢が叶うって訳です。
でも、わたしはもう中学生でも18歳でもないし
夢が叶って喜ぶのは昔のわたしの仕事だね。
22歳になったわたしはあの頃のわたしがきちんと喜べるように、
演劇を頑張ります。大好きな劇団と大好きな劇場に立てて
しかもわたしのターニングポイントになった作品の進化版!本当に嬉しいです。
本多劇場で芝居を見る度感じる「楽しい!楽しい楽しい!!!」になれるよう
見つけた夢と希望を倍にして吐く如く頑張ります。
4年後のわたしも、そうしてくれてると良いんだけど。



0 コメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.